シミ取りクリームに過剰に期待しない

中高年女性から人気が高いシミ取りクリームですが、私もシミ取りクリームを使う年齢になりここ数年適度に使っています。

今はシミ取りクリームが万能ではないことは十分分かった上で使っているので、シミが取れなくてもため息はつきません。そもそもこういう製品に過剰な期待はしていません。がっかりするのがイヤだというよりも、肌にできるシミには種類があるからパーフェクトを期待したってそんなこと無理だと分かったからです。

だから、使いたいときに使い使いたくないときは使わないというスタンスでシミ取りクリームと付き合っているからラク。過剰な期待をしていないし、だからと言って何も期待していないわけでもないんです。

私はシミ取りクリームランキングからよさそうなものを選びます。

シミがある部分に塗ってその中のひとつでもふたつでもシミが薄くなればそれでもう十分。私の顔には目立つシミが4つ、目立たないけど自分自身気になっているシミがいくつかあります。

これだけあるシミの中のひとつでもふたつでも効果が出て、年齢を重ねてもある程度自信を持てる素肌になれたらいいな~と思っています。そういう気持ちでシミ取りクリームを利用している私ですが、数年前シミ取りクリームを使い始めた頃は過剰に期待したせいでストレスが溜りました。

ストレスが溜るくらいならこういう物は使わない方が良いと考え直し、今は気楽に向き合えるようになりましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です