働き方を自分でコントロールしたい

働き方改革という言葉が政府の方で出てきて進めようとしていますが、実際はまだまだ現実味が低いという感じがします。

実際に正社員でフルタイムで働くとなると、生活のコントロールはその会社の会社員として時間を拘束されますし、中心として考えていかないといけません。

例えばもうちょっと給料が欲しいので時間を増やしてもいいと考えていても、そうそう残業できるわけでもありません。中には定時までだらだらして残業に無理やり持ち込むという人もいますが本来そんなやり方は会社にとっても個人にとっても非生産性でいいことはありません。

また、給料を減らしてでも時間の自由が欲しいと考えている人も多いと思います。残業続きで自分の時間の確保が難しければいくら経済的にもゆとりがあってもいい暮らしだとはいえません。

このコントロールができるような働き方というのは今までのままではかなり難しいとえいます。最近、ようやく副業を認める会社も登場してダブルワークなどで収入を増やしたりすることもできるようにはなっています。

非正規で少なめの時間で、もう一つの仕事をもって正社員並みの仕事以上に稼ぐという手段もありだと思います。

やはり、働き方を個人個人で自由にコントロールできれば幸福度も上がるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です