シミ取りクリームに過剰に期待しない

中高年女性から人気が高いシミ取りクリームですが、私もシミ取りクリームを使う年齢になりここ数年適度に使っています。

今はシミ取りクリームが万能ではないことは十分分かった上で使っているので、シミが取れなくてもため息はつきません。そもそもこういう製品に過剰な期待はしていません。がっかりするのがイヤだというよりも、肌にできるシミには種類があるからパーフェクトを期待したってそんなこと無理だと分かったからです。

だから、使いたいときに使い使いたくないときは使わないというスタンスでシミ取りクリームと付き合っているからラク。過剰な期待をしていないし、だからと言って何も期待していないわけでもないんです。

私はシミ取りクリームランキングからよさそうなものを選びます。

シミがある部分に塗ってその中のひとつでもふたつでもシミが薄くなればそれでもう十分。私の顔には目立つシミが4つ、目立たないけど自分自身気になっているシミがいくつかあります。

これだけあるシミの中のひとつでもふたつでも効果が出て、年齢を重ねてもある程度自信を持てる素肌になれたらいいな~と思っています。そういう気持ちでシミ取りクリームを利用している私ですが、数年前シミ取りクリームを使い始めた頃は過剰に期待したせいでストレスが溜りました。

ストレスが溜るくらいならこういう物は使わない方が良いと考え直し、今は気楽に向き合えるようになりましたよ。

家庭用脱毛器トリアって効果が凄いかも?

最近気になってるのは家庭用脱毛器トリアです。

他の家庭用脱毛器も気になったんですけど、ムダ毛脱毛効果だけを考えるならトリアのクチコミが一番良かったんです。

その代わり、痛い!痛みで意識が遠く!トラウマになる激痛!と、とにかく痛みに関しては大ブーイングでしたけど。

結論として、痛みに耐えられるなら一番優れてる家庭用脱毛器なんじゃ?と思ったわけです。

しかも今年の初売りで、定価54800円が39800円に。

こんな追い風を受けたら、買わないわけにいきません。

ハイ。ポチっちゃいました。

トリアは一度使うと二週間ほど空ける必要があり、まだ二回しか各部位に照射していません。

クチコミでは、1,2回だと効果は感じない、二週間間隔で三ヶ月頑張ったら成果は出てると思う、というのが多かったので、二回では効果でないんじゃないかなーなんて思ってました。
ところが出ました。

完全に毛が無くなったわけでではないんですけどね。

脱毛した部位は手の指・甲・脇・Vラインです。

手の甲・脇は半減しました。

Vラインは、部分的にここツルツルになってる・・というのはあるんですけど、全体を見るとまだまだこれからって感じです。

でもまだたった二回でこの効果なんですよね。

このままトリアを使い続けたらツルツルに・・・ならないかな~とわくわくしてます。

働き方を自分でコントロールしたい

働き方改革という言葉が政府の方で出てきて進めようとしていますが、実際はまだまだ現実味が低いという感じがします。

実際に正社員でフルタイムで働くとなると、生活のコントロールはその会社の会社員として時間を拘束されますし、中心として考えていかないといけません。

例えばもうちょっと給料が欲しいので時間を増やしてもいいと考えていても、そうそう残業できるわけでもありません。中には定時までだらだらして残業に無理やり持ち込むという人もいますが本来そんなやり方は会社にとっても個人にとっても非生産性でいいことはありません。

また、給料を減らしてでも時間の自由が欲しいと考えている人も多いと思います。残業続きで自分の時間の確保が難しければいくら経済的にもゆとりがあってもいい暮らしだとはいえません。

このコントロールができるような働き方というのは今までのままではかなり難しいとえいます。最近、ようやく副業を認める会社も登場してダブルワークなどで収入を増やしたりすることもできるようにはなっています。

非正規で少なめの時間で、もう一つの仕事をもって正社員並みの仕事以上に稼ぐという手段もありだと思います。

やはり、働き方を個人個人で自由にコントロールできれば幸福度も上がるように思います。